HOME現場レポリクシル2016年新商品発表会[秋田市 リフォーム]
現場レポ
2月10日(水)

リクシル2016年新商品発表会[秋田市 リフォーム]

 

 2月9日に秋田テルサにて行われた、リクシルの新商品発表会に行ってきました。

テルサ

 まずは5階会議室で、各商品の説明会。

 …とはいえ、
 トイレ&水栓、浴室&洗面、キッチン&タイル、リビング建材、太陽光、サッシの6種を駆け足で各15分ずつ、1時間半。

 頭の端から、たくさん聞いた新商品の知識がこぼれそうです(笑)。

案内画面

トイレ

説明会のあとは1階に下りて、説明を受けながら新商品展示の実物見学です。

 さて、今年のリクシル新商品の目玉は、なんといってもトイレシリーズの全面刷新!
「100年クリーン」が謳い文句の新素材、「アクアセラミック」が全商品に用意されます。主力商品の「サティスS」では、新素材が全クラスに標準搭載されるとのこと。

 サティスは他にも
・3つの吐水口による水流で、洗浄力を強化
・エアシールド脱臭(生鮮売場で使われている防臭技術)により、におい漏れを大幅カット
・溜水面に泡を張り、男性立小用の飛沫と着水音を抑制
 などなど、実にたくさんの改良が。

「水廻り世界一メーカー」リクシルの意気込みとこだわりが、あちこちに感じられる商品です。

その新素材「アクアセラミック」、何がどうすごいのか。

①トイレの汚れがツルンっと落ちる
 左写真は会場での実験です。
上部の汚れの膜を通過して下の水に入った途端、右のほうは実験装置に「まばたきしないで」とあったくらい一瞬で(笑)、汚れがプルプルまとまって素材から離れていきました。

②水アカがこびりつかない
 これは従来の素材でもウリだったところなのですが…

③新品時のツルツルが100年つづく
 従来は陶器への薬品塗布で実現していた効果の数々を、陶器の焼き方を工夫することにより可能にしたそうです。剥げれば効果が薄れる薬品と違い、素材自身の力なので、長持ちするんだそう。
 開発テストでは、なんと150年(!)OKだったとか。

浴室

 リクシルのUBシリーズ最上位といえば、スパージュです。左は従来の商品写真。

 ゴージャスなこのシリーズは今回、対応できる浴室の大きさが大幅に増えました。
また、各種オプションもさらに使い勝手を改良。
 たとえば肩かけ湯。サイズの増加に伴い、幅が狭いタイプのバスタブでもつけられるようになりました。
 またジェットバスにはサイレントタイプが新登場。騒音が気になるマンションにも設置でき、お風呂で映像や読書を楽しみたい方にはもってこいの静かさです。

テレビ この写真は、オプションの32インチテレビ画面です。
 今回から新たに、ネット経由の画像を楽しめるようになりました。お客様の環境次第で、TSUTAYA TVなどのネット映像サービスが、お風呂で見られるんです。

 肩湯を浴びながら映画を1本お風呂でみる…想像するだけで、贅沢です(笑)。

即湯水栓

ルミシス

 洗面は、今回は「ルミシス」と「エルシー」がマイナーチェンジ。

 ルミシスの洗面器素材では「アクアセラミック」を選べるタイプが登場します。

 また、水栓はともにワンタッチ水栓に加え、「出してすぐにお湯が暖かい」即湯水栓が登場。時間と水のムダがなくなります。 これは北国秋田なら、お役立ち間違いなしです。

キッチン システムキッチン「リシェル」。
 従来の「SI」に加えて、新たに「PLAT」が登場します。

 これは一言でいうと…「家具感覚のキッチン」。
 右が展示されていた実物で、これはオプションでL型のテーブルを付けたタイプ。水廻りの延長にテーブルをつけられる、I型のタイプもあります。また、キッチンと統一されたデザインのキャビネットやカップボードのバリエーションも用意されており、非常にオシャレな部分が前面に出た商品になっています。

 ・ガッツリ料理しない
 ・リビングとキッチンを合せてお洒落な空間を作りたい
 ・メインのキッチンは別にあり、ちょっとした料理ができる場所を別に作りたい

 「PLAT」は上記のような方への選択肢としては「ありかな」と思います。






 もちろん、キッチンとしての機能はSIと同等のものを備えています。
 ただし収納やコンロなど、選べるオプションが違って来るので、お料理そのものにこだわりたい!という方には「SI」のほうがおススメかもしれません。

 そして今回、ワークトップ(作業台天板)のカラーの一部に入替があります。
 従来の白から「テニスの錦織圭選手お気に入りの」白へチェンジ。春からのキャンペーン期間に新カラーで成約のお客様には、製品に限定エンブレムが刻印されます。




建具  左は室内建具の案内。
 顧客データやアンケートから、特に「30代夫婦世代」に人気の高いシックな木目柄のシリーズ「ラテオ」を新展開するそうです。

 右は床タイル材。
 従来のタイルは専門職人じゃないと施工が難しかったものを、ずっと扱いやすく、またいろいろな用途に使えるようにしたそうです。
床
 左は太陽光パネルの説明。

 国が長期政策として進めている「省エネ住宅」事業の基準や、太陽光発電との組み合わせで住宅ローンを軽減するプランの提案など、「長い目でオトクになる」部分を意識したわかりやすい説明になっていました。
 また、従来よりも積雪量の多い屋根にも設置できるパネルも展示されていました。

 雪止めと干渉せずにパネルを設置できるタイプなど、「実際のお客様のご要望をかなえるために商品を作る」という、メーカーのこだわりがよく出ていました。
マイスターS
 さて、今回のリクシル新商品のもう一つの目玉は断熱樹脂サッシです。
 左は新商品の施工イメージ。
「世界トップクラスの断熱性能」を誇るシリーズとして、従来のマイスターⅡシリーズに変わり、エルスターシリーズが登場。
 すでに発売となっているエルスターXと、これから発売となるエルスターSの2種展開です。

①ガラス面積の拡大
②トリプルガラスの性能進化
③フレーム部分の多層化による断熱性能アップ

 これらの改良で、他社メーカーを引き離す性能を獲得しています。
 …と説明を読んでも、とくに①の「ガラス面積拡大」がどうして性能アップになるの?と感じると思います。
 実は今の樹脂サッシは、フレームよりもガラスのほうが断熱性能が高いので、ガラス面積が大きい方が、性能が高くなるんです。

 右は等級表示シール。もちろん、断熱性能では最高評価の4つ星です。

 やはり商品は、見て触れることで、その素晴らしさが伝わってくるんだなあと実感しました。まだショールームの商品は入れ替えられていませんが、春以降、リクシルショールームで体感していただくことができるようになると思います。
 新商品のお取り扱い開始の時期等、詳しくはお気軽にワタケンまでお問合せください!