HOME現場レポ市営住宅PS外装材改修工事[秋田市]
現場レポ
1月30日(月)

市営住宅PS外装材改修工事[秋田市]

 

 

足場1

 今回は、市営住宅のパイプシャフト(PS)と 外装材の改修工事を行ないました。

  最初に足場を組みます。
  PSのある場所の周りを囲みます。
  外壁を壊す際に発生する粉塵が
  風で飛ばされないようにシートで被いま
  す。

足場2

既存外壁解体

 外壁を解体する前に住民の方には 
 部屋の中に粉塵等が入らないように
 作業中は窓を開けないようにとあらかじめ
 連絡しました。
 外壁解体の日には作業場所の窓が空い
 ていないか確認してから作業に取り掛
 かりました。
 右が鉄骨解体中の写真です。

既存鉄骨解体

PS

 外壁は散水をしてから解体します。 
 (左上の写真) 
 サイディング解体後は、既存の鉄骨の
 解体作業です。
 (右上の写真)
 サイディングと鉄骨を解体した後は、
 新しい下地鉄骨を入れます。

PS下

加工

 新しい下地鉄骨は 
 ワタケンの工場で製作しました。
 (左の写真)
 出来上がった下地鉄骨は
 PSを囲むように取付けます。
 (右の写真)
 取付完了後が左下の写真です。

鉄骨取付作業

鉄骨取付後

 取付けた鉄骨を防水シートで被い 
 防水テープでとめ、その上からサイディング
 を張り付けます。(右の写真、左下の写真)
 サイディングを張り終えた後は、
 シーリングを打ち込みます。(下の写真)
 最後に、塗装をします。(右下の写真)
 塗装工事の時は悪天候などがあり
 なかなか作業が進まない日がありました
 が無事に工事が終わり安心しました。

スーパーシート

サイディング貼り シーリング

塗装